Possibilityについて

皆さん初めまして。講師の相馬ゆかりです。
私は那須塩原市(旧西那須野町)で生まれ育ちました。3歳の頃から電子オルガン(エレクトーン)を弾き始め、高校生の頃まで選抜クラスでレッスンを受けたりしながらコンクールやコンサートに参加していました。とにかく電子オルガンが好きで、将来は電子オルガンの演奏家になることが夢でした。そうして高校卒業後地元を離れ、神奈川県にある洗足学園音楽大学の電子オルガンコースに入学しました。
電子オルガンコースのカリキュラムの中には、ジャズコースの学生とセッションを体験する授業がありました。その授業では、お互いに初めてあった学生同士ががまるで心が通じ合っているかのように息ぴったりで、楽しそうに演奏していました。
衝撃でした。彼らはそれまで私が長い時間を準備に費やして行っていたことを一瞬で成し遂げていたのです。それが私のジャズとの出会いでした。それまで基本的に一人で演奏することが多かったため、「誰かと演奏することってなんて楽しいのだろう!」と感動したことを今でも覚えています。少しずつみんなとの演奏に参加するにつれ、「ジャズを学びたい」という気持ちがどんどん強くなっていきました。しかし、生まれてから人生のほとんどを費やしてきた電子オルガン道を捨て、ジャズという全く新しい音楽の道を選択することを非常に悩みました。何ヶ月も悩み、多くの人に反対されましたが、自分がどうしてもジャズを学びたい気持ちに気づき、ジャズコースに編入することを決意しました。

ジャズに出会うまで私にとって音楽とは「人からどう見られるか」が全てでした。そのため、コンクールや発表会などで周りの人に認められることでしか自分の音楽を認めることができませんでした。ジャズを学んでいく中で音楽が私なかでアートではなくただの「音の羅列」でしかないことに気づきました。しかしジャズを通して音楽の自由さを知るなかで、「人にどう見られるか」ではなく「自分がどう音楽を作りたいか」が大切なのだと気づきました。大学でジャズを学び演奏する中で、「もっと早くにジャズに出会っていたかったなぁ。」と思うようになりました。

宇都宮は「ジャズの街」として有名ですが、県北においては私が高校生の頃まで過ごした中で、ほとんどと言っていいほどジャズに触れ合う機会がありませんでした。卒業後、自分の音楽で何ができるかを考え地元の人に私がジャズを通して経験し感じた「音楽の自由さ」を伝えたいと思い、この度栃木県北部でレッスンや演奏活動を始めることを決意しました。
私が栃木県の人たちに伝えたいことの中の一つに、「人と演奏する楽しさ、喜び」と言うものがあります。それを伝えるために一番分かりやすいものはセッションだと思ったのですが、ジャズが少ない環境においてピアニスト一人で活動するのは正直とても難しいと感じました。そこで大学時代に出会った友人の廣田健一郎、宮本智治に相談したところ一緒に手伝ってくれることになり、この度「那須塩原ジャズスクール Possibility」としての活動を開始することが出来ました。この「Possibility」と言う名前は、私たちの大学時代の恩師のうちの一人であるジャズピアニストの元岡一英氏に頂きました。

ジャズを深く学ぶにつれて、音楽が楽しいものになり、音楽を愛おしく感じるようになりました。音楽は自由なものです。明確な答えや間違いなんてありません。「自分がどう音楽を創り出したいのか」が全てなのです。「ジャズって難しそう。」「興味はあるけど自分に出来るとは思わない。」こんな風に思っている方はいませんか?もし少しでもジャズを演奏してみたいと思う方がいらしたら、是非お気軽に私たち3人にご相談ください。あなたの音楽を育てるお手伝いをさせてください。

Possibilityの意味は「可能性」です。一緒に無限の可能性を秘めた世界を切り開いていきませんか?

相馬ゆかり